公演情報

小千谷縮もご堪能下さい

 ←七夕の節句 語りと和楽『織姫』 →旧安田邸の公演
『織姫』の公演では、旧安田邸「残月の間」に、日本工芸会正会員樋口隆司さんの作品『小千谷縮麻布“北の空”』を設えます。本日、大きな作品が届きました。圧巻です。

 春には野山に花が咲き乱れ、夏には花火が夜空を彩り、
 秋には稲穂が頭をたれ、冬にはしんしんと雪が降る。
 四季折々の自然が樋口隆司さんの世界の源泉となっています。

 花・風・月・雪というテーマに基づき、見事なまでに豊かで厳しい自然の表情が
 作品に織り込まれ、布の里・小千谷の匂いを、そして雪国の気配も感じることができます。

 柄のモチーフは「自然」ですが、デザインする時は定規や電卓を使うという
 伝統とモダニズムの融合から生まれるその柄は"現代の粋”と呼ぶに
 ふさわしい雰囲気をもっています。

 シンプルなデザインとは対照的に、
 「私の作品には多くの手間がかかります。
 多くの気遣いも必要です。」と言うほど、
 丁寧に手間のかかった織の技がうかがえます。

 小千谷の織物を語るには欠かせない樋口さんの素晴らしい作品、どうぞ、ご期待下さい。
 
『樋口隆司の世界』http://www.youtube.com/watch?v=CKvAaegDAt0
『美禄長者盛』http://www.youtube.com/watch?v=GUBASIoQZlk
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【七夕の節句 語りと和楽『織姫』】へ
  • 【旧安田邸の公演】へ