取材・旅

『七つの顔の銀次』―横浜 曲金町

 ←『七つの顔の銀次』-馬車道のガス灯・夜 →『七つの顔の銀次』-山手

物語の舞台のひとつ・・・
<曲金町>は、何と読むのか、どこにあるのか、なかなか解らなかった。
しかし、横浜に長く、詳しい方から、「<真金町>のことではないだろうか」と教えて頂いた。
なるほど、「曲」と言う字は「まがる」とも読む。

P9210924.jpg
P9210926.jpg

<真金町>は、横浜の中心市街地を貫く大通り公園に隣接する一帯で真金町遊廓があった土地。
遊郭が無くなってからは、「横浜橋商店街」を擁する下町の住宅街に変わり、赤線当時の建物も年月の経過につれて建て替えが進み、名残は殆ど無くなっている。
P9210922.jpg
P9210923.jpg
P9210929.jpg

だが、碁盤の目になった区画や大鷲(おおとり)神社などの存在がかつての面影を偲ばせている。
P9210928.jpg
関連記事
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【『七つの顔の銀次』-馬車道のガス灯・夜】へ
  • 【『七つの顔の銀次』-山手】へ