旧安田邸

上巳の節句(旧安田楠雄邸のひなまつり

 ←はらぺこあおむし →森鷗外墓参
CA391765s.jpg

三代永徳斎 昭和七年の作です。
この残月の間・床の間にすっきり収まるように誂えられた雛飾り。
床柱には、ぼんぼりも…。
すべてが本物志向…というのは、
例えば、調度の中に刀があるのだが、刃こそ打たれていない本身である。
ひとつひとつが、本物を小さな世界に移した芸術である。

CA391766s.jpg

中央右手には、箏・三味線・胡弓も並ぶ。

CA391764s.jpg

合わせて飾られていたのは、七五三の衣装。

CA391767s.jpg

御抹茶を頂くと、器もお雛さまでした。






関連記事
  • 七草粥
スポンサーサイト



~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【はらぺこあおむし】へ
  • 【森鷗外墓参】へ