かたりと…katarito…回覧板 

http://katarito.web.fc2.com/

『鶴』 吉屋さんイラスト

メンバー活動情報

yoshiya03s.jpg<かたりと>小池 画
関連記事
スポンサーサイト

▲PageTop

『鶴』 作者・吉屋信子さんの暮らした街、目白

取材・旅

yoshiya.jpg
大正15年、目白文化村にバンガロー風の家を建てた吉屋さんは、
犬の散歩をしながら、界隈をよく歩いていたそうです。

度々散策している界隈ですが、改めて、彼女の暮らしに思いを馳せます。
CA392952.jpg
JR目白駅から、かつての目白文化村方面に向かう途中には、いくつも素敵なスポットがあります。
目白聖公会も、そのひとつ。
いつも扉が開かれていて、気軽に中へ入れます。CA392950.jpg
CA392951.jpg

こちらは、中村彜のアトリエCA392953.jpg
当初ここで公演が出来たらと考えましたが、なかなか難しかったです。

随分歩きますが、山手通りを超えると、目白文化村だった地域に入ります。
門柱など、かつての趣を残すお宅も見られます。
CA392958.jpg
CA392959.jpg

この通りを、吉屋さんは犬と一緒に歩いていたようです。
CA392960.jpg

CA392961.jpg
こーんなに大きな木があるお宅もちらほら。家を案内するときの目印になりますね。

CA392963.jpg
画像向かって左、後姿の方が歩いている通りを真直ぐ進むと、林芙美子記念館。
吉屋さんのバンガロー風ご自宅は、右の坂上通りを更に行って、左に曲がった辺りだったようです。
ここは、吉屋さんが初めて建てた家。
予定よりも完成が早く、資金が間に合わなかった時、
婦人之友社で連載していたこともあり、羽仁夫妻(自由学園の創設者)に相談したそうです。
金額を伝えると、羽仁吉一氏は「それで足りるのか。建築は初めに出し惜しみをすると、後で大変な事になるから」と心配し、小切手を渡してくれ、
吉屋さんが受け取りを書こうとすると、こう仰った。
…「君が覚えて居ればいい」―と、吉屋信子著「私の見た人」にあります。
CA392966s.jpg

このルートを往復すると、股関節に心地よい疲れが来て、「歩いたなー」という感じ。
目白通り沿いでおススメのお店をふたつ、ご紹介します。
CA392968.jpg
<La Cucina Cafe  ラ・クチーナ カフェ>
お茶から食事、アルコールも楽しめます。チラシも置いて下さいました。
ちょっぴり、沖縄の雰囲気⁈

CA392967.jpg
<成丈 なるたけ>
このサッパリきっぱりとした店構えも最高。
ランチの定食、夜の呑み会、何でもござれ。
鯛丼が、私は大好きです(昼で売り切れる可能性大)


関連記事

▲PageTop

3/10(土)『鶴』 <谷根千 記憶の蔵>への道

メンバー活動情報

DSC_0108.jpg
mikawaya.jpg
千駄木駅から、団子坂を登り、
小林酒店を見逃さずに、
向かいの団子坂上広場とコインパーキングの間の路地を入って下さいませ。
(このコインパーキングは、若き日の江戸川乱歩が古書店を営んだ場所)

路地を進むと、左手に緑の可愛らしいお店があります。
CA392947.jpg
「珈琲店こもれび」です。
お食事も美味しいので、公演前後のひと時にもおすすめ♪
CA392948.jpg
お店の隣に〈かたりと〉N-BOXを駐車します。
皆さんへのインフォメーションも掲示しますので、
「珈琲店こもれび」とともに、道しるべにして下さい。
ここを過ぎると、右手に児童公園があります。
更に直進して、「ステーションきょうわ」の脇を入って下さい。
CA392940s.jpg

「谷根千 記憶の蔵」と「映画保存協会」のプレートがあります。
この辺りにもインフォメーションが出せると思います♪
関連記事

▲PageTop

鶴を観たい!

取材・旅

P2012279s.jpg
吉屋信子作『鶴』本番(3/10「谷根千 記憶の蔵」、4/13「自由学園明日館」)を前に、
丹頂鶴を観たいと思いました。
野生の群をこの目で―。
その夢はきっと叶えたいです!
鶴は瑞鳥ーめでたいことの起こる前兆とされる鳥、だとか。

私が観たのは、一羽で立つ姿。
井の頭自然文化園の丹頂鶴です。
黒と白の潔さ、丹頂の紅も印象的。
スラっとしていながら、
時折翼を拡げると、その大きさにため息が漏れそうになります。
P2012259s.jpg
ごめんなさい、撮影がヘタクソで見えません・・・。

飛ぶ鳥、群を創る鳥、そして渡り鳥が
動物園に一羽で飛べずに居るという事に、
人間の罪を感じながら、
その姿をしばらくじっと観ました。

リス、マーラ、ヤクシカも可愛かったです・・・P2012274s.jpg
P2012246s.jpg
P2012243s.jpg

カピパラは、可笑しかったです。
P2012244.jpg

P2012262s.jpg


関連記事

▲PageTop

聲香(こゑかほる)~北原久仁香ひとり語り~『鶴』

メンバー活動情報

鶴 扉s

大正から昭和にかけて、旺盛な筆をふるった吉屋信子。
少女小説というジャンルを確立し、二十代で脚光を浴びて、
女性職業作家として自活の道を歩みました。
やがて家庭小説を精力的に書き継ぐことで女性読者を中心に絶大な人気を博し、
戦後は歴史小説の分野でも一家を成します。
激動の時代を、まさに筆一本で生き果せた彼女が、
戦後の一時期、憑かれたように怪談風短編を書き綴りました。
自ら「世にも不思議な物語」と呼ぶ異色短編のひとつが、本作『鶴』。
川端康成が作者宛ての手紙で激賛したといわれます。
空襲の夜を境に大きく振り子が振れる、主人公の人生。
戦禍をくぐり、今も残る空間を舞台に、
刹那の感動を信念に生きる女性の姿を、<語り>でお届けします。
皆さま、是非ご来場下さい。

2018年 3月10日(土) 13時半~・16時半~(開場 各30分前)
於 谷根千・記憶の蔵  2500円、 中高生1000円
各回定員20名 要予約
kura map s
時々迷う場合もあるようですが、散策好きな方にはたまらない界隈。
路地裏にひっそり建つ、秘密基地のような空間で、お待ちしております。

4月13日(金)  19時(18時半開場) 
自由学園明日館(国の重要文化財)  ラウンジホール
一般2800円、中高生1000円
定員50名 要予約
myouniti map s
文化財であっても建物は使うことがその使命と考え、使いながらの保存、いわゆる“動態保存されてる自由学園明日館。
ライトの建築としても、有名です。
創立者の羽仁夫妻と吉屋信子は、とても深い縁があります。

【ご予約】
katarito_wagaku@yahoo.co.jp  
090(4433)5434

DSC_0540ss.jpg

作者・作品ゆかりの時空間でお届けする、聲香。
是非、ご一緒下さい。ご予約をお待ちしております。

関連記事

▲PageTop

Menu

プロフィール

katarito

Author:katarito
「語り」と「和楽」で物語を織りなす芸人衆

最新記事

最新トラックバック

回覧でーす

まぁ、有難うございますぅ。

灯篭が静かに流れていくブログパーツ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード